金沢市に多い石川県内の私立高校受験模様

高校入試を受験する学生達

 

石川県内で一番人気の星稜高校

 

石川県内では、多くの私立高校を抱える金沢市内においては、近年著しく上位の難関大学合格者を輩出している星稜高校が一番人気です。旧帝大クラスの難関国公立大学合格を目指すAコース、国公立大学や有名私立大学への一般受験合格を目指すBコースには、更にトップ・セカンドクラスを設け、日頃から多くの課題を出して実力を養っています。

 

この他にも世間一般ではあまり知られていないCコースも存在しています。このコースは、三年生の進級時に文理選択に加えて私立大学専願で志望をする生徒向けに設けられ、私立大学受験により対応し易いようにカリキュラムが組まれています。

 

このような細かいコース分けと課題の多さから上位大学への進学実績が高く、他の私立高校を寄せ付けない程の人気を誇り、入試問題の難易度も高く設定されています。実際に地域ごとの統一テストや総合テストでもそれなりに高得点を獲得していないと、中学校側が星稜高校を受験させてくれません。

 

逆に星稜高校さえ併願で合格することが出来れば、大学進学への実績の高さやきめ細かいコース分けに安心する生徒さんや親御さんも多く、公立では高倍率校でも強気受験する生徒が増えてきています。このことが原因で、一昔前であれば、安全に公立高校の志望ランクを下げていた生徒たちがそうすることなく、不合格となる人数も大幅に増えていました。その生徒たちが星稜高校に進学していることを考えると、入学してくる生徒のレベルも近年はより高くなってきていると言えます。

 

 

根強い人気の金沢高校と北陸学院高校

 

Sコースや特進コースなど細かいコース分けをすることで高校側の手厚いサポートが受けられる伝統校の金沢高校。この細かいコース分けと金沢市中心部の立地で交通の便がいいことや上位大学への進学実績でも星稜大学に次ぐ高さなのも手伝って、根強い人気を誇っています。

 

ミッション系の伝統校で中等部から大学まで抱えている北陸学院高校では、同志社大学や関西学院大学、青山学院大学の特別推薦枠を持っています。また特別進学コースでは国公立大学や難関私立大学への現役合格を目指して、生徒数当たりの職員数の多さを活かしたよりきめ細かい受験指導が行われています。

 

この他にも近年では各高校毎に、特進クラスを設けてお互いに切磋琢磨させながら大学進学実績を上げようと励んでいます。

 

それ故、こうした高校毎の公立高校よりも手厚いサポートを期待することで上位の公立高校を強気で受験したり、サッカーや野球で全国大会出場を誇る強豪校もあることで、公立高校よりも初めから私立高校を専願受験する受験生や親御さんも数年前よりも増えつつあります。しかし、金沢市を中心とする石川県内では他の地方都市同様、まだまだ公立高校志向が根強くあります。

 

こうした背景から石川県内における私立入試の立ち位置としては、第一志望である公立高校を受けるための滑り止めの併願校として一般受験される方が非常に多いです。また学校外で模試の受験経験があるにせよ、学校外で入試独特の雰囲気で試験を受けることで本命である公立高校入試の予行演習になると捉えている傾向にあります。

 

 

私立高校受験の入試問題の特徴と対策

 

私立高校の入試問題は、学校毎に受験科目数が異なったり、入試問題そのものの出題傾向や難易度にも違いがあるので、早目に過去問を解いて受験校の出題傾向をつかみ、形式に慣れておくことで少しでも安心して受験を迎えることが出来ます。

 

また私立高校入試の問題は各校、基本的事項をきちんと勉強して身に付いているのか確認するための問題も多いので、難易度の上がる公立高校入試への対策に向けても改めて苦手分野の確認や基本を整理するのにも大変役立ちます。大半の受験生が本命に掲げる石川県立高校入試まで一か月に迫る時期でもあるので、入試前一週間あたりから就寝・起床時間を整えて私立入試本番を迎えることをお勧めします。

 

個別の私立高校の特色について詳しく知りたい方は、石川県内の私立高校の入試情報と特色も是非合わせておご覧下さい。また、更に詳しい情報を知りたい方やご質問などありましたら、家庭教師のアズ金沢教室(0120-66-2020)までお気軽に相談してほしいと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket