家庭教師を金沢教室でつけているご家庭Tさん

必死に勉強している眼鏡をかけた男の子

うちが初めて家庭教師アズ金沢教室に問い合わせをしたのは、一番上の子がまだ中学二年生で中間テストの結果が出揃った11月頃でした。それまでは小学校の時から公文や進研ゼミでコツコツと勉強していましたが、勉強が本格的になる中学校に上がるのを機に知人の紹介で家庭教師をつけていました。経験の豊富な社会人家庭教師でしたが、課題が多くて指導日以外にも勉強開始時間から終了時間まで電話で報告させる徹底した指導で親としてはありがたく思っていたのですが、うちの子はこなすことに追われるばかりで辛く苦しかったようで、成績も徐々に右肩下がりしていきました。

 

そこで、このままではいけないと思い立ち、中学校生活の折り返しを迎えるこの時期に思いきって家庭教師を派遣している金沢市を中心に石川県内の会社に片っ端から電話をかけていきました。実際に自分で探し出してみると、家庭教師を派遣している会社の数のあまりの多さに大変驚き、どこにしたらいいのかわからずにいました。

 

そんな中、代表の顔写真と名前を同時に出して教科書の理解に重きを置いて学校教材中心に指導を進めてくれる家庭教師アズ金沢教室を見つけました。正直なところ、当初はCMや広告が入ることもなく、聞いたこともなかったので不安もありました。しかし、中にはCMが流れているような大手は金額も高く、安くてもホームページ上で家庭教師を派遣するだけの会社も多い中、広告宣伝費に多大な予算をかけないことで良心的な授業料にしていることや事務所が金沢市内にあること、そして何より代表が自ら初回の学習相談に来てくれることがで安心して学習相談を受けることにしました。

 

実際に代表の谷口さんにお会いしてみると、気さくな人柄で勉強に対して自信とやる気を失いかけているうちの子の気持ちを察して、直近の中間テストの答案用紙の中身から惜しい箇所や良い箇所を探し出しながら教科書で内容を理解させる指導をしてくれました。「出来る」ばかりに目が行って問題数をこなすことばかりに目きが行きちだけど、「わかる」をしっかりしないと、本当に「出来る」ことにはならないよ、と言ってくれたのはとても印象的でした。

 

一見すると当たり前のことのように感じるかもしれませんが、他社では反復練習で基本を固めようとか応用問題を出来るようにしようと言われてきたのである意味でとても新鮮に感じました。またこれから家庭教師の指導日以外の宿題に関しては、学校で定期テスト前にまとめて提出させられていたワークを利用して出すから、「わかる」に重点を置いて着実に「出来る」を増やしていこうと言ってくれ、うちの子もそれなら僕もやれそうと微笑みながら言ったので、そのままお願いすることにしました。

 

その後は今まで勉強に対して後ろ向きだったのが嘘のように時間は以前よりも少ないものの、活き活きとした表情でコツコツと勉強に取り組むように姿勢が変わってくれたのが親としては一番嬉しく思っています。その後は志望校に向けて勉強を頑張り、見事に自分の行きたかった志望校に合格することが出来ました。

 

家庭教師アズ金沢教室との縁はその後も続き、今では当時小学低学年だった三番目の子までお世話になっています。家庭教師をどこにしたらいいのか迷っていたり、子供が勉強に対して後ろ向きになって心配な方には、無料の学習相談を受けてみることをお勧めします。きっとプラスになると思いますよ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket