ご家庭からの感想(家庭教師のアズ金沢教室のこと)

ノートに計算している子供

私は職場の信頼している先輩から「家庭教師をするなら、家庭教師アズ金沢教室が絶対にお勧めだよ」、と紹介されたのがきっかけで問い合わせをしました。先輩の話では、不登校で通信制の高校に通っていたうちの子に合わせて、現在の学力状況と希望する進路に向けて、代表の谷口さんがとても親身になって相談に乗ってくれたから信頼して任せられた、と言っていました。

 

うちの子は他の子に比べたら真面目で大人しい子で勉強机にはそれなりに向かっているものの、マイペースなせいか、塾には通わせてはいたのにどうも成績が伸びずに悩んでいるところでした。そこで、よく知っている先輩がこれ程勧めてくれるのなら、と思いきってお電話しました。

 

問い合わせの電話口には家庭教師アズ金沢教室代表の谷口さんが対応してくれ、こちらが我が子の状況に不安視しているのを悟ってじっくりとこちらの話に耳を傾けてくれたため、とても安心したのをよく覚えています。

 

「とりあえず無料の学習相談で直接お子さんにお会いして、テストの答案用紙の書き込み内容を見させてほしい」と言われ、訪問してもらいました。実際にお会いしてみると、とても気さくな方で、問い合わせの電話した時に話していたこともあったので、スムーズに話すことが出来ました。人見知りするうちの子もすぐに打ち解けて、いつの間にか笑顔で話しながら勉強を指導してもらいました。

 

子供も親もすぐにテストの得点ばかりに目がいって一喜一憂してしまいがちですけど、谷口さんによると、「本当に重要なのは答案用紙の書き込み内容ですよ」とおっしゃっていました。「子供なりに少しでも多く得点を積み重ねようと一生懸命にテスト勉強を頑張ったり、テストに向き合ったのに、思うような成績が取れなかったからと言って結果ばかりを見ていたのでは自分の努力を無駄に感じてしまったり、どうせやっても成績何て上がらないし、といつしか諦めの気持ちを抱いてしまうのが大変もったいないこと」だと。

 

「成績が悪かったことを子供が本当に悔しいと思っている時には、絶対に追い打ちをかけるように叱ってはいけない。本人が自覚しており、その上でこれからどうしようかと自分なりに考えて変化しようとしているかもしれないのに、傷口に塩を塗り込むようなことをして、その芽を摘んでしまうのは子供の成長を邪魔してしまうことになる。」

 

「そして、答案用紙の書き込みを見れば、その子がどう頑張って勉強したのか、何が原因で得点しきれなかったのか、こてからどうしたら得点を上げられるのか、たくさんの情報が得られる。」だからこそ、家庭教師アズ金沢教室では学習相談の中でも最も大切にしていることらしく、正式に申し込みをする際には必ず預かって再度、代表の谷口さんが細かく分析をし、今後の指導の進め方を短・中・長期的な視点で練り上げてくれました。

 

家庭教師アズ金沢教室の学習相談を実際に受けるまでは、家庭教師と言うのは、担当の先生に任せっきりで先生の出来や相性次第で変わるものだと思っていたので、正直、ここまでやるんだと大変驚きました。でも同時に、ここなら信頼して我が子を任せられると思うことが出来ましたし、先輩が絶対にお勧めだよと言っていた意味がよくわかりました。

 

子供は勿論、一緒に様子を見ていた主人もテストの答案用紙からこれだけ的確に問題点を洗い出して改善するためのポイントを示してもらえたので、ここならきっとうちの子の学力を伸ばしてもらえると思い、正式に申し込みしました。

 

その後は、うちの子の性格に合った穏やかで優しい雰囲気の先生を人選してもらい、以前よりも勉強に対して前向きな気持ちになったようで、頑張っています。

 

当初は私自身も先輩に紹介してもらったものの、「他にもどんな家庭教師の会社があるのだろう」と思って、ホームページで検索してみるとあまりの数の多さに驚きましたし、お店に置いてある資料も目にしているとどこもいいことしか書いてないので、正直どこが本当にいいのかよく分かりませんでした。

 

私はたまたま運よく信頼できる先輩からの紹介があったので、信頼出来るいい会社に出会えたと思いますが、もしこの先輩がいなかったらどうやって選んだのだろうかと思いました。もし私と同じように「家庭教師を考えているんだけど、一体どこがいいのだろう?」と思い悩んでいる金沢市や石川県内の方に私の経験を活かしてもらえたらと思います。

 

教育業界一筋の方が代表を務め、問い合わせから学習相談、その後の担当家庭教師の人選や今後の進め方まで考え、毎月の管理まで代表の方が全て行っている会社は他にありません。迷われている方は、他社の学習相談と家庭教師アズ金沢教室の無料学習相談を受けて比べてみると、その違いや安心感を実感することが出来るはずですよ。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket