金沢教室で指導している学生家庭教師Yさん

青いファイルを持つ白衣の女性

私は将来学校の教師を目指しています。実際に学校の教師になったら、性格や学力の違いがある多くの生徒たちを同時に教えなければなりません。そのためにも、家庭教師として一人一人の子とじっくりと向き合って指導していく事で、学校で教わったことに対して生徒たちはどのように捉え、何でつまずいたり悩んだりしているのか、早目に察知してよりいい方向に導いてあげたい、また勉強以外の友人関係や進路のことについても自分自身の経験も活かして親身になってその子の助けになりたい、そう思ってこの仕事をしています。

 

実際に家庭教師を経験してみて考えさせられたことは、今までの自分は学校生活の光のあたる部分ばかり見ていたのかもしれないということでした。私自身は勉強に対してもさほどつまずくことなく、大好きだったバレーボールを小中高生と続けながらよい友人と出会うことが出来、また目指したいと思える恩師とも出会い、進路に関しても迷うことなく、教師となって大好きなバレーボール部の顧問になろうと決めて今日まできました。

 

しかし、生徒たちの中には学校の勉強につまづいたことで学校生活の大半を占める授業の時間が辛いと感じ、成績が振るわないことで自分自身に劣等感を持っている子、勉強しなければと思いながらも将来の夢や目標を見出せずに思い悩んで勉強が手につかづにいる子、また友人関係に思い悩んで不登校になってしまった子など様々な子がいます。

 

学校では勉強など各教科に関しては担当の先生が教えてくれますが、授業についていけなくなった子に対してどのように自宅で勉強したらよいのか、友人関係の構築の仕方やこじれた時の対処法など、一人一人に合わせてピンポイントで指導してくれることは時間的にも大変難しいことだと思います。

 

だからこそ、私は家庭教師として学校の勉強はもちろん、指導日以外の自宅学習の仕方から部活で疲れた時の宿題の仕方、友人関係の悩みまで、受け持ちの生徒の深いところまで力になってあげたいと思いますし、こういった経験を通して将来、生徒たちにとって本当に信頼されて役に立てる教師になることを目指して、目の前の生徒のために出来ることを全力で成し遂げていきたいと思います。

 

家庭教師は学校や塾と違い一対一なので、今更こんなことを聞いたら恥ずかしいなど、周りの目を一切気にする必要がありません。そして、一人一人顔が違うように考え方や理解する速度、苦手個所も異なります。自分自身の経験が活かせることもありますが、そうでないこともあります。中には時給が高いからといって個人契約でしか家庭教師をしない同級生もいますが、そんな時、困っていることも聞いたことがあります。また会社を通して家庭教師をしているものの、会社からのアドバイスは殆どないことも多いようです。

 

幸い私は部活の先輩から今お世話になっている家庭教師アズ金沢教室を紹介してもらいました。代表の谷口さんは初回の学習相談で実際に生徒さんの指導を教えた印象から、自分ならどのように教えるのか、やる気のない子にどのように声掛けをしてやる気を引き出すのかなど、いつも親身になって具体的に教えてくれます。また親御さんとの相談で困ったことがあったり試験結果が芳しくなかった時にはいつでも気さくに相談に応じてくれたり、問題分析を細かくした上で的確なアドバイスをしていただけるので、私も大変心強く、自信を持って指導にうちこむことが出来ます。

 

私たち家庭教師の立場から言わせていただくと、毎月の指導に関して具体的に的確なアドバイスをしてくれる会社なのか、とても重要なポイントになってきます。これは家庭教師を選ぼうかと考えているご家庭にとっても、同じようにとても重要なポイントになるのではと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket