金沢教室で指導しているプロ家庭教師Mさん

マークシートの記入

私は元々個別指導の塾講師をしていました。しかし、個別とは名ばかりで実際には1対3、もしくは1対4で生徒に塾のテキストを解かせながら解らない所を質問させて教えるという形態でした。また、学生講師が大学の試験期間や長期休暇になると帰省や旅行などで代わりを勤めることも多く、教える人間が変わったりすることで本当に生徒のためになっているのか、心の中に疑問を抱えていました

 

中でも最も悩んだことは、学年や学力が異なる生徒たちを曜日や時間だけでひとくくりにして教えなければならないことでした。積極的に質問してくる子はまだいいのですが、少し大人しく学年の下の子だとどうしても周りの子に遠慮して質問しずらく、こちらも同じ時間で同時に複数の子を教えることで満足に教えきれないでいることでした。

 

こうした状況に耐え難くなり、個別指導塾の講師を辞めて家庭教師を始めました。家庭教師の指導を始めてからは、目の前にいる生徒一人だけのことを考えながら、じっくりとその子に合わせた授業や家庭教師の授業が無い日の勉強の仕方から将来の目標についての相談など、より深いところまで入り込んで教えていけることに強いやりがいと喜びを感じています

 

家庭教師というと、個別指導の塾に対して指導時間数が短くて値段が高いと思われている方もいるかもしれませんが、個別指導塾で実際に一人あたりにかけられる時間で計算してみると、むしろ家庭教師の方が割安で密度の濃い勉強をすることが出来ると思います。これは両方を経験してきた私が感じたことなので、自信を持って言えます。

 

金沢教室の代表はかつて小中部門最大手の進学塾で専任教師をしていた方なので、入試の問題分析にも長けていて、入試の出題傾向から出題者の意図までとても解かり易く教えていただけ、とても頼りになります。また新しく生徒を受け持つ際には、必ず代表が生徒と会って指導をした印象から一人一人の個性や状況に合わせた無理のない定着率のよい指導法を考えてくれた上で打ち合わせをしてくれます。家庭教師をしているものとして、安心して初回の指導に行くことが出来ます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket