金沢教室で指導しているプロ家庭教師Fさん

勉強する女の子に横から声をかける女性

私自身は学生時代を通して、ずっと教科書の理解を深めていくことを中心とした勉強を続けてきました。今までに数多くのご家庭と出会い、小学生から浪人生まで様々な生徒を指導してきましたが、多くの親御さんや生徒たちは教科書を学校の授業や宿題以外ではあまり使おうとせず、とにかく新しく問題集を解きたがる方が多い事にいつも驚かされます。これは家庭教師を派遣する会社に対しても同じようなことをずっと感じてきました。

 

確かに、学校のテストや入試では目の前の問題を解けないことには得点や合格を勝ち得ることは出来ないことはよく分かります。しかし、問題集とはあくまで基本を学んで理解を深めて頭の中に整理されて入っているものを利用して、効率よく短時間で引き出せるのかどうか、何が解かっていて何が解かっていないのかを確認するためのものです。

 

そのためにも、まず第一に教科書の基本をただ覚えるのではなく、じっくりと内容を理解することに努めることが最も大切になり、こうしたことが出来てから、問題集を使うべきだと私は思います。

家庭教師のアズさんに家庭教師の登録で面接へ行った際、こうした私の考えと金沢教室の代表から同じ意見を聞くことが出来て、とても安心したことを今でもよく覚えています。

 

勉強していく内容は学年が上がるとともにより難しくなりますが、教科書を中心とした正攻法の勉強法を身に付けることで、中学校・高校・大学へと進んでも正しく学んでいけると思います。指導で少しでも困った際には、金沢教室の代表が自分ならどう教えるのか目の前で具体的に教えてくれたり、指導帰りの遅い時間でも気軽に対応してもらえるので、とても信頼しています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket